何をやっても長続きできない自分

仕事・キャリア

何をやっても長続きしない自分

この言葉にドキッとしてしまったあなた。

 

きっとあなたはこれまでに、勉強に、運動に、ダイエットに、、、、

 

いやいや、もっと具体的に言えば、

買って数日は通勤時間で聞いたけど今はホコリをかぶったスピードラーニングの教材セット。

これで簡単に腹筋を手に入れられる!と勢いで購入したワンダーコア。

●イザップに通ったものの、終了したらリバウンドにコミットしちゃってたり。ww

 

私も本当に最近まで、ブログを毎日更新しようと思って結局書けていなかったり、仕事で毎日のルーティング業務を決めても翌週にはすっかり忘れてしまっていたり、

やろうと思っていても長続きしないことって多いと思うんですよね。

そんな方向けに、長続きするための方法をまとめてみました。

 

長続きしない人とはどんな人?

ズバリ!長続きしない人は、セルフイメージが低かったり、負け癖がついている方が多いです。

あなたは、これまでの経験から「どうせお前にはできっこない」「どうせやり切れない」「あーやっぱりできなかった」と自分を低く設定してしまい、初めから『私はできない人』と自分自身でレッテルを貼ってしまっていませんか?

こういう人は、自分のセルフイメージが低いばっかりに、成功することへのイメージがわかずそもそも成功が想定外になり、そしてまた「できなかった自分」が想定内であり、それに安心してしまうのです。

人は無意識に安心を求めます

何かを続けることは、想定外の自分に出くわす可能性が高いので、無意識に想定内の自分を求めてしまいます。

そして、安心することで自分を慰め、これで良かったと自分自身で納得して、はい終了です。w

チーン

 

長続きできない人が見ているところ

なぜ長続きができないのか。それは長続きできな方の多くが、目先の欲ばかりを見ているからです。

目先にある快楽に気を取られて、ついついそちらを手にとってしまうので、その先にある大きな幸せを掴むチャンスを逃してしまうのです。

 

こんなことありませんか?

毎月決まった額だけお給料が入って来ます。だからいつか貯金しよう!と思いつつ、頑張ったご褒美に季節ものの洋服や靴やバッグを買ったり、頑張ったご褒美に同僚とお酒を飲みに行ったり、友人と非日常を味わいに海外旅行へ行ったり、そして気がつけば20代のほとんどを消費に使ってしまい、気がつけばアラサーで貯金30万円、、、あれば良い方。

(ちなみに、100万円以下は貯金ではなく、残高というそうです。w)

これは、長続きしない人の典型的な行動で、貯金をして貯めたものを何か大きなものに使おうと思いつつ、そこがイメージできていないので、結局目の前にある快楽を手に入れてしまっているのです。

 

目の前の快楽とその先の大きな幸せの違い

目の前の快楽は満足することがなく、欲が次から次へと出てくることです。麻薬のように手に入れるのをやめられなくなってしまうのです。ですが、その先にある大きな幸せを掴むとそこには大きな達成感があり、次に大きな目標ができても地道に頑張ることができるのです。

そして、この達成感は一生物の自分の記念物になるので、その後も最高の瞬間として自分に記憶されるでしょう。

 

長続きしない人が少しでも長続きする方法

長続きしない人は、とにかく負け癖がついています。

 

例えば、普段は駅までバス通勤しているところを「これからは健康のために歩いて行こう!」と思い立ったとします。1日目、2日目、3日目は順調でしたが、4日目に雨が降りました。すると、迷った結果、結局バスに乗ってしまいました。ここまでは良いのです。

 

長続きしない人は、この時点で自分で負けを認めてしまいますというより、負けと思ってしますのです。4日目にバスに乗ってしまった自分を、「自分との約束に負けたダメなやつ」だと思い、その先の改善案が見つからなくなってしまいます。この後どうするか、、、、きっともう歩いては行かないでしょう。w

 

逆に、長続きできる人は、4日目にバスに乗ってしまっても「よし!雨の日はバスにして代りに帰宅後にヨガをしよう!」と思考を切り替えることができるので、また5日目が晴れれば前向きに歩いて行くことができるのです。

 

まとめ

長続きができない人は、自分のセルフイメージが低く、負け癖がついてしまっていたり、また自分に厳しすぎるところがあります。

もし失敗したら、潔く辞めるのではなく、もっと気楽に「1回くらいは失敗してもどーってことないよね〜だって自分のことなんだもん!」と思っていた方が長続きするようです。

 

失敗を恐れない、本物のポジティブ思考を手に入れるためのコーチングメニューはこちら

Follow me!

    コメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。