N.K様からのご感想

◻︎1 どのくらいコーチングを受けましたか?(受けていますか?)

12ヶ月目に入りました。2016年11月からスタートし早1年が経ちました。

◻︎2 なぜコーチングを受けようと思いましたか?

2016年10月から部下を持つことになり、チームビルディングに何か役立つと思ったから。

◻︎3 コーチングを受ける前とどんな変化が起きましたか?

チームが思うように動いてくれずとてもイライラし、つらく当たっていた部分があったと思います。当時は、それが普通と思っていたので、私のイライラを受け止めることも部下の仕事とさえ思っていた部分がありました。

今でも、イライラするところはありますが、イライラの原因がいくつか見えてきたので、今は以前ほど思いません。自分にもこうしたいという意志がある以上、相手にも意志があることを改めて感じた。

◻︎4 コーチングを受けて今後の人生についてどのようなヒントを得ることができましたか?

傾聴は、相手だけでなく自分にも適度に行った方が良いということです。

特に話を聞いてもらい、反応してもらうだけでとても安心した気持ちになれました。それが心の安定にもつながっている気がします。

◻︎5 どんなことをコーチングのテーマにしましたか?

普段の中でイライラすること、許せないことをテーマにすることが多かったです。

◻︎6 印象的だったセッションはありましたか?どんな気づきがありましたか?

私の話を聞いて「鳥肌が立ちました」と言ってもらった時に、同じ気持ちでいてくれていると嬉しくなった。何度も今の感情をもっと出してみましょうよと言ってもらえて、その度にスッキリした。

◻︎7 野添春菜はどんなコーチだと思いますか?

明るくて、いつも私を認めてくれて、褒めてくれて、とても元気にさせてくれるコーチです。


N.K様ありがとうございました!